2017年10月14日土曜日

山下清展に行ってきました (涙出るくらい感動!!)

仙台駅東口で開催されております、「山下清展」に行ってきました。

いやー、山下清画伯の貼り絵の本物が観られる!!という事で、前々から行きたかったんですが、ようやく今日願いがかないました。


貧しかった日本の、極めて物資が乏しい中で、それを全くものともせずに生み出された素晴らしい貼り絵の数々。

胸が張り裂けそうなくらい郷愁をかきたてる優しい色合いもあって涙が出てしょうがありませんでした。

作品そのものも素晴らしいですが、要所、要所に、山下清画伯の言葉や、詳しい作品背景の解説がパネル展示してあって、作品鑑賞の場というものを超えて、あえて砕けた言い方を許してもらえるなら「山下画伯 エピソード全集!!」みたいな趣もありました。

実は、私は写真をちょっとかじっているので、特別展のようなものや美術館等はそこそこ行くのですが、ここまで深く感銘を受けたのは初めてかも知れません。

作品解説にしても、研究者が勝手に「そうであろう」とか「だと思われている」とか述べているのではなく、ご本人の言葉が並んでいる圧倒的空間。

本人解説にも匹敵するような濃い内容で、「文字」がここまでイキイキと生きているのも異例に凄い。

山下清エピソードのごく一部を箇条書きでご紹介いたしますと・・・。

・放浪は事実(ここ重要)

・放浪は作品制作のためではなく、放浪そのものが目的に近い。

・有名なリュックは放浪先で自分で苦労して探し買った。

・服装は主に夏は浴衣、冬は着物だった。

・放浪の資金や食料は、旅先で、善意の人にもらってしのいだり、バイト(?)した。

・放浪先では意外とお金やごはんをくれる人が多そうに見えて涙(私が)。

・リュックの中には、護身用に石ころが5個入っていた。

・護身用!?物騒な!と思ったら、野犬対策と思われる。

・おにぎりもらって食べたという部分で笑顔(私が)。

・海(と思われる)に突っ込んで溺れ死にかけた事あり。

などなど。

なんか陳腐な言葉を許してもらえるなら、良い意味でドラマチックで、特に、放浪の終わりがやって来るくだりは本当涙がじわじわからブワッとにターボかけて来ました。

実はアメリカの「ライフ」誌が、山下清のグレートさに気が付いて特集、それを知った日本の新聞社が、あわてて行動を起こし(良くも悪くも日本的やね)、放浪中の山下清というスゲー人を探せーキャンペーン展開・・・そして・・・という流れはまさに圧巻。

というごくごく一部を抜粋してご紹介差し上げたわけですが、私は、とても一回では足りないので、もう一回ガッチリと行ってみるつもりです。

全ての可能性の中でベスト!! 想像を超えたPowerShot G1X Mark3!!

PowerShot Gシリーズの頂点に立つ「PowerShot G1X Mark3」の海外リーク情報がついに出て来ました。

なんと、一言で言うと、Gシリーズ随一のカッコ良さと卓越した操作性を誇る「PowerShot G5X」をそのまま進化させ、APS-Cセンサーを搭載したようなカメラ!!

APS-Cセンサー搭載もビッグニュースですが、この話は結構前から何回も出ており、あくまでも再確認という意味合いが強いです。

センサーサイズそのものよりも、フラッグシップ機に、奇をてらわずにシッカリした傑作機PowerShot G5Xの流れを継承した!!という事が嬉しいです。


あの極上としか言いようがない前面ダイヤルも継承。

縦アングルでもモニタを動かせる、バリアングル液晶も継承。

新世代とレトロ風味をミックスした独特のキヤノン解釈のG5Xデザインもリファインして継承!!

しかも、サイズと重さも、G5Xよりは若干大きくて重たくなるものの、若干で、ほぼG5X並を実現!!!!!!!!!!


これは素直に、のけぞるくらい凄い。

エビぞりしながら大拍手したい。

ASP-Cセンサーが搭載される話が出た時は、「ASP-Cなんて大きなセンサーを搭載したら、どう考えてもデカくて重い無茶した実験機になってしまうだろう!?」と心配しましたが、まさかのG5X並のサイズと重さ。

まさか、まさかの、キヤノンの圧倒的な開発能力に脱帽です。

しかし、マジか本当にこれ。

キヤノン開発者の方は、ネットで「大きくて重くなる!」という声を聞いて高笑いしていたでしょうね。

もちろん、それで良いんです!!

そうなるのが一番良い、待ってました!!

さて、記事の最後になりますが、今回のG1X Mark3に対して言うわけではない、あくまでもお願いという事で話をさせて頂きたいです。

キヤノンには、センサーが大きいと優れたカメラで、小さいと劣ったカメラ、みたいなヒエラルキーの形成はやめて欲しい。

センサーが大きいなんて、良い事ばっかりではなく、逆に不便で困る事も多いのがもう分かっているし、「表現力の違い」という超絶重要な部分を、優劣をつける判定基準に単純に持っていかれると、もはやユーザーの不利益になる時が来たのではないでしょうか。

2017年10月9日月曜日

PowerShot G9X Mark2で蔵王の紅葉を撮影してみました!!

お気に入りのえぼしスキー場からのゴンドラでもって、蔵王の紅葉を観に行ってきました!!

PowerShot G9X Mark2でも写真撮ってきましたが、やっぱこの小さなカメラは凄い。

使い古されたフレーズでしょうけど、あえて、「小さな巨人」と言いたいです。

同時携行した一眼レフのEOS 7D Mark2もまた、蔵王紅葉デビューでしたが、7D2と比べても負けない画質と、小ささゆえの絶対的な持ち歩きやすさ。

蔵王のベストフレンドかも知れませんな。


G9X2は、ポケットに入る、一眼レフ級の良カメラと言いますが、EOS 7D Mark2での撮影中は、本当に普通に無意識のうちにポケットに突っ込んでいて「あっ本当にポケカメや」と笑顔でした。

ただし、G9X2は、なまじ、めちゃくちゃ小さいため、カメラが意識から飛んでしまい、移動しようとして油断してストラップ引っかけてどっかにポーンと吹っ飛ばしたとか、気が付いたら音がして(ショック!!!!)足元に落ちていたとか、破損や紛失に大注意です。

蔵王の紅葉を、EOS 7D Mark2で撮ってみました。

今回の記事では、蔵王に行ったついでに、EOS 7D Mark2で初の蔵王紅葉撮影をしてみました。

昨年からのお気に入り、えぼしスキー場のロープウェイに乗って来ました!!

ロープウェイは、片道1300円、二人だと往復で5200円と、夢のような景色を得られるにしては格安で大喜びでした。


4人乗りの小さなゴンドラは、本当に空を飛んでいるみたい!!

かなり高い場所を飛んだりするので、連れが高所恐怖症の人は乗れないかもで厳しいですが、蔵王の大自然の上を飛べるわけで夢みたい。

真冬なんかは過酷な環境ゆえ、窓が傷だらけなので、ビデオ撮影の時はしっかり視認してないと、へたすると長い時間、窓の傷にピント合って景色ピンボケになってたりするので注意です。

でもこれ毎年乗りたいなー可能なら。


実は、EOS 7D Mark2の上に、小さなPower Shot G9X Mark2を乗せて、ハイビジョン撮影もしていたのです。

ただ、EOS 7D Mark2の音は一眼レフとしてはジェントルなのですが、くっつけて撮ってるわけですから、マイクが拾った音は相当なでかさ。

やる人はいないでしょうけど、念のため、一眼レフの上に乗っけてハイビジョン撮影するなら音に注意ですね。

PowerShot G9X Mark2のハイビジョン撮影で、個人的に日常用途における家庭用ビデオカメラは役割完了か・・・

家庭用ビデオカメラは、まだまだ快適なホールド性を誇る形状、細やかな制御が出来るズームレンズなどなど、純粋なビデオ撮影機材としての美点は多々ありますが、ポケットに入る一眼レフ並画質カメラ「PowerShot G9X Mark2」の登場は、あまりにもあまりにも(連呼)インパクト巨大でした。

G9X2により、少なくとも、日常用途における家庭用ビデオカメラは、今まさに、長きにわたるその役割を「完了」した・・・そんな気になっています。


G9X2登場以前なら、小さいのは良いが、画質も操作性も犠牲にしたものはちょっと・・・と思っていられましたが、G9X2にやられたガツン!!は目から火花が飛び散るくらい痛いものでした。

これは、このカメラの本職である写真撮影でも同じ事が言えるのですが、超重要な立ち位置「ポケットに入る真の小ささを得た上で」操作性も良く、画質は文句のつけようもなし・・・なので、これは特A級のカメラ大事件に属する話です。

これ以上のカメラ大事件ってなると、まだ見ぬ、キヤノンが広い画素ピッチの3層式センサーに切り替え!!くらいのものになるかも・・・それくらい言っちゃうよ。


国営みちのく公園において、バイオリン演奏とともにイルミネーションがどんどん変化する「コキアカリ」をハイビジョン撮影しましたが、もう、小型センサー搭載の家庭用ハイビジョンカメラがクリアしている暗い場所で明るく写す事が出来る・・・という所では留まっておらず、その上位概念である「暗い場所で、美を感じる映像が撮れる」という所まで到達しました。


誤解しないで欲しいのは、決して、家庭用ハイビジョンカメラだめになったと言っているわけではないです。

それに、ガチガチに撮影対決したら、映像撮影特化のハイビジョンカメラが勝るシーンは多いかもしれません。

ただ、持ち歩くならG9X2しかないし、持ち歩く気にさせるカメラだというのが何よりも凄い。


さらに、マニュアルで色々といじればすごい・・・というわけではなく、G9X2は、フルオート撮影でも極めて賢い。

ぱっと取り出してぱっと撮る・・・って事をしても、そこに記録される映像は、はっと目を見張る高画質という世界。

スマホの動画機能でも心が少しも動かないばかりか、使う気にもなれないのに、G9X2には、完全にまいりました。


日常利用とは言えども、G9X2の弱みは、APS-C換算で18-53mmというタイトな焦点距離ですが・・・。

まぁこれは仕方ないですね。

この小さなボディが全てを解決してしまうし、どうしてもこれ以上が必要なら、決して捨てているわけではないのだから、それこそハイビジョンカメラを復帰させるか、画質を極めて、一眼レフのEOSに望遠レンズ装備してのEOSムービー撮影します。